子宮頸がん予防(HPV)ワクチンの接種について

トップ記事子宮頸がん予防(HPV)ワクチンの接種について

  子宮頸がんなどの原因となるヒトパピローマウイルス(HPV)感染症を防ぐワクチンの定期接種は、平成25年6月
 より積極的勧奨が差し控えられていましたが、専門家の会議において安全性に特段の懸念が認められないこと、
 接種の有効性が副反応のリスクを明らかに上回ることから、令和3年11月、国の通知により、積極的勧奨の差し
 控えを終了することとなりました。
  令和4年4月から、定期接種の対象者へ案内や予診票の個別通知をしております。
  それに伴い、積極的勧奨の差し控えにより接種機会を逃した方に対しても、公平な接種機会を確保する観点
 から、従来の定期接種の年齢を超えて接種(キャッチアップ接種)を実施するため、このキャッチアップ接種の
 対象者の方へも個別通知をしております。
  また、令和5年4月より、子宮頸がん予防ワクチンの種類が増え、3種類となっておりますので、この機会に、
 接種についてご検討ください。

定期接種

  対 象 者:中学1年生~高校1年生の女子 ※接種時に美波町に住民登録のある方
          (令和5年度対象者:平成19年4月2日~平成23年4月1日生まれの女子)
  
  接 種 期 間 :13歳となる日の属する年度の初日から16歳となる日の属する年度の末日まで
         ※平成19年4月2日~平成20年4月1日生まれの方は、定期接種の年齢を超えても、
          キャッチアップ接種の対象者として令和7年3月31日まで接種できます。

キャッチアップ接種

  対 象 者:平成9年4月2日~平成19年4月1日生まれの女子  ※接種時に美波町に住民登録のある方
  実 施 期 間:令和7年3月31日まで
  
  ◎平成4年3月31日までに自費で任意接種を受けられた方は、「任意接種償還払いについて」をご確認
   ください。

ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンの種類

   定期接種の対象となるヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンは、「サーバリックス (2価ワクチン)」
  と「ガーダシル (4価ワクチン)」の2種類に、令和5年4月より「シルガード9 (9価ワクチン)」が追加となり
  3種類となりました。

   一定の間隔をあけて、同じワクチンを合計2回または3回接種します。接種するワクチンや年齢によって、
  接種のタイミングや回数が異なります。どのワクチンを接種するかは、接種する医療機関に相談の上、
  決定してください。

接種スケジュール

HPV接種スケジュール.jpg

接種費用

     無料

持ち物

   ・母子健康手帳
   ・ヒトパピローマウイルス感染症予防接種予診票

接種場所

   徳島県予防接種広域化委託医療機関
     
定期予防接種医療機関(A・C ) R6.1.1現在 (PDF 388KB) 
        ※ 事前に医療機関へ電話にて接種日時等をご確認の上、ご予約ください。 

情報

HPVワクチンの情報QRコード
 
 【2024年2月改訂版リーフレット 】
  9価HPVワクチン接種のお知らせリーフレット(定期接種版) (PDF 603KB)
  HPVワクチン接種の対象年齢のお子様及びその保護者向けリーフレット(概要版) (PDF 2.72MB)
  HPVワクチン接種の対象年齢のお子様及びその保護者向けリーフレット(詳細版) (PDF 3.58MB)
  9価HPVワクチン接種のお知らせリーフレット(キャッチアップ版) (PDF 491KB)
  キャッチアップ接種リーフレット (PDF 2.15MB)
  HPVワクチンの接種に関係する医療従事者向けリーフレット (PDF 1.8MB)

 県外での接種を希望される方へ

   専門学校や大学、就職等のやむを得ない事情により、ヒトパピローマウイルス感染症の予防接種
  (定期接種)を徳島県外で希望される場合、事前に手続きをしていただくことにより、接種にかかる
  費用の払い戻し(償還払い)を受けることができます。

  詳しくはこちらをご覧ください。
   県外の医療機関でヒトパピローマウイルス感染症の予防接種(定期接種)を希望される方へ (PDF 384KB)
   美波町ヒトパピローマウイルス感染症の予防接種(定期接種)実施依頼書発行申請書 (PDF 178KB)

任意接種償還払いについて

   キャッチアップ接種の対象者のうち定期接種を受けておらず、定期接種の対象年齢を過ぎて、
  ヒトパピローマウイルス(HPV)感染症の予防接種を令和4年3月31日までに自費で受けた方は、
  接種の費用を助成(償還払い)します。
   
 【償還払いの対象者】
   以下の全てに該当する方が償還払いの対象者です。
   ・平成9年4月2日から平成17年4月1日までの間に生まれた女子
   ・令和4年4月1日時点で美波町に住民登録があること
   ・16歳となる日の属する年度の末日までにヒトパピローマウイルス感染症に係る定期接種に
    おいて3回の接種を完了していないこと
   ・17歳となる日の属する年度の初日から令和3年度の末日までに日本国内の医療機関で
    組換え沈降2価ワクチン又は4価ワクチンの任意接種を受け、実費を負担したこと  
  
   詳しくはこちらをご覧ください。 
    美波町ヒトパピローマウイルス感染症に係る任意接種償還払いについて (PDF 394KB)
    美波町ヒトパピローマウイルス感染症に係る任意接種償還払い申請書(様式第1号) (PDF 153KB)
    美波町ヒトパピローマウイルス感染症に係る任意接種償還払い申請用証明書(様式第2号) (PDF 66.8KB) 

カテゴリー

閲覧履歴

関連のページ