その他戸籍に関する届け出

トップくらし・手続き届出・証明戸籍・住民登録その他戸籍に関する届け出
トップくらしのガイド結婚・離婚その他戸籍に関する届け出

戸籍の届出の際に本人確認を実施しています。届出の際には、免許証やパスポートなど顔写真が貼付されている官公署発行の身分証明書をお持ちください。なお、身分証明書をお持ちでない方も届出はできますので、窓口にお申し出下さい。窓口で届出人の本人確認ができなかった場合や使者による届出の場合は、届出書に記載されている届出人の方に後日郵便でお知らせさせていただきます。

入籍届

届出方法

届出期間

届出のあった日から効力が発生します。

届出地

  1. 入籍者の本籍地
  2. 届出人の所在地

のいずれかの市区町村役場

届出人

父または母の氏を称しようとする者
(15歳未満の場合その法定代理人)

届出に必要なもの

  1. 家庭裁判所の氏の変更許可の審判書謄本(家庭裁判所で「子の氏変更の許可」を得てください。)
  2. 父母離婚後の子の戸籍謄本、離婚後の父または母の戸籍謄本(本籍が美波町の方は不要)
  3. 印鑑(届出人のもの)※任意

備考

  • 家庭裁判所の許可申請にも父母離婚後の子の戸籍謄本、離婚後の夫または妻の戸籍謄本が必要になります。提出書類については、各個人で異なる場合がありますので、家庭裁判所にお問い合わせてください。
  • 氏が変わらない場合も家庭裁判所の許可が必要となります。

転籍届

届出方法

届出期間

届出のあった日から効力が発生します。

届出地

  1. 転籍者の本籍地
  2. 転籍者の所在地
  3. 転籍地

のいずれかの市区町村役場

届出人

戸籍の筆頭者および配偶者のみ
(注)筆頭者および配偶者の一方が死亡している場合等は、生存配偶者が単独で届出をすることができます。

届出に必要なもの

  1. 印鑑(筆頭者と配偶者各々違う印鑑)※任意
  2. 戸籍謄本(町内の転籍の場合は不要)

分籍届

戸籍の筆頭者および配偶者以外の者で成年に達した者が、在籍している戸籍から単独の戸籍を編製するための届出です。

届出方法

届出期間

届出のあった日から効力が発生します。

届出地

  1. 分籍者の本籍地
  2. 分籍者の所在地
  3. 分籍して新戸籍を編成する地

のいずれかの市区町村役場

届出人

分籍者本人

届出に必要なもの

  1. 戸籍謄本(本籍が美波町の方は不要)
  2. 印鑑(届出人のもの)※任意

カテゴリー

閲覧履歴

関連のページ